肺炎球菌ワクチン | はせがわ整形外科 | 東大阪市 鴻池新田

肺炎球菌ワクチン | はせがわ整形外科 | 東大阪市 鴻池新田

06-6746-6000 P駐車場あり

肺炎球菌ワクチン(予約制)

肺炎とは

肺炎とは、主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こす疾患です。呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合や、病気やストレスなどのために免疫力が落ちている時など、感染力が防御力を上回った際に、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染し、肺炎になってしまうのです。
がん、心臓病に続いて、肺炎は日本人の死亡原因の第3位を占めています。高齢者や慢性疾患を持っている方などは肺炎にかかりやすく、しかも治りにくい傾向がありますので注意を要します(肺炎で亡くなる方の約97%が65歳以上です)。

肺炎球菌ワクチンの接種で予防

肺炎を予防するためにできることの一つとして、肺炎球菌ワクチンの接種があります。 肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌です(成人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます(※すべての肺炎を予防できるわけではありませんので、ワクチンを接種したからといっても、日常生活での感染予防は怠らないようにしましょう。

5年以上の間隔を空けて接種

接種は、1年を通じいつでも可能です。ただし5年以内に再接種を行うと、注射部位に痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。接種の年月日は、忘れないようにメモに残しておきましょう。
また、接種した部位が赤くなったり、腫れたり、熱を持ったり、痛むことがありますが、通常は2~3日で治まります。その他、熱っぽい、だるいなど、体調に変化が生じた場合は、すぐにご相談ください。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種が奨められる人

  • ・65歳以上の方
  • ・老人施設や長期療養施設などに居住されている方
  • ・慢性の持病(COPDなどの呼吸器疾患、糖尿病、慢性心不全、肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患)をお持ちの方 など

平成26年10月から、高齢者を対象とした成人用肺炎球菌ワクチンが「定期接種」(「予防接種法」に基づき、市町村が実施する予防接種)となりました(定期接種の対象となる方は、生年月日により毎年異なります)。

※接種時には、健康保険証や運転免許証など、住所と生年月日が確認できるものをお持ちください。

詳細については、 東大阪市のホームページをご覧ください。

肺炎球菌ワクチン接種は予約制となります。

06-6746-6000